• 総合評価 ★ ★ ★ ★ ☆
    価格 1,580円(160粒)
    配合されている菌の数 2種類
    飲みやすさ 8mmの小粒
  • 総合評価 ★ ★ ★ ★ ★
    価格 1,598円(160粒)~
    配合されている菌の数 4種類
    飲みやすさ ヨーグルト風味の小粒
  • 総合評価 ★ ★ ★ ☆ ☆
    価格 1,650円(108錠)
    配合されている菌の数 2種類
    飲みやすさ ストロベリー風味
HOME » 腸内環境を整える3大方法とは » 薬・サプリメントを摂取する(手軽度★★★★☆)

薬・サプリメントを摂取する(手軽度★★★★☆)

便秘改善や腸内環境を整える効果のある整腸剤の選び方や、薬とサプリメントの違いについて紹介しています。

整腸剤には便秘改善や腸内環境を整える効果あり

くま イラスト

腸内環境を整えるためには食生活の改善や運動を取り入れるほか、整腸剤を利用するのも手です。

体内から直接菌を取り入れることで、腸の機能を活発化して消化を促進、続けて服用をすると腸内環境が整って排便もスムーズになります。

薬やサプリメントの利用は食生活の改善や運動とは違い、毎日数粒を飲み続けるだけでいいのでとても手軽。

忙しくてなかなか運動する時間が取れない、食生活の改善が難しいといった方でもすぐに実践することができます。

ただし一口に整腸剤といっても、最近はさまざまなタイプが発売されています。

腸以外に胃に効くものや生薬配合のものなど、どれを選んだら良いか分からなくなってしまうことも。

腸内環境を整える薬やサプリメントの選び方をいくつか紹介するので、購入時の参考にして下さい。

薬・サプリメントを選ぶポイント

(1)腸まで生きて届く「生菌」が配合されている

善玉菌は全てが生きて腸に届くわけではなく、ほとんどは胃液によって死滅します。

そのため薬やサプリメントを選ぶときは、生きて腸まで届く「生菌」が配合されているものがおすすめです。

善玉菌がたくさん生きて腸まで届くことで、腸内環境を整えてくれる善玉菌を効率良く増やすことができます。

(2)菌の種類が豊富なものを選ぶ

乳酸菌はとても種類が多いのですが、どれも同じではありません。

腸内環境を改善する効果は菌の種類によって異なるため、薬やサプリメントを選ぶときは種類に着目しましょう。

たとえばフェカリス菌やビフィズス菌はもともと人間の腸内にある成分であり、腸内細菌のバランスの崩れを正しく戻してくれる効果があります。

アシドフィルス菌は熱や酸に強いといった特徴があり、弱い乳酸菌の中でも効果が期待できます。

一人一人の腸内環境が異なりますが、多くの種類の菌が配合されていればそれだけ効果が現れやすくなります。

薬やサプリメントを選ぶ際は菌の種類が豊富に配合されているものを選びましょう。

(3)善玉菌をサポートする成分を配合している

例えばオリゴ糖やグルコン酸など、腸内で善玉菌のエサとなる成分が配合されている薬やサプリメントなら、善玉菌の活動を助ける効果が期待できます。

また納豆菌は胃酸に強く、生きたまま腸内に届いてビフィズス菌などの善玉菌を増やしてくれるおすすめの成分。

悪玉菌をセーブするため、腸内環境を整えやすくしてくれますから、気になる薬やサプリメントに配合されているかどうかをぜひチェックしてみて下さい。

薬とサプリメントなら、薬がおすすめ

不足しがちな栄養素を補うという点では薬とサプリメントは似ていますが、医薬関連の法律では薬とサプリメントは大きく違います。

法的に薬は効果や効能を表記することができますが、サプリメントはあくまで食品のため、効果や効能を表記することは認められていません。

薬は厳重な臨床試験を行って作った上で国から承認されているため、特定の疾患に対して効果を発揮することが期待されています。

一方あくまで健康維持や健康促進が目的のサプリメントは効き目が穏やかです。

直接的に特定の疾患を治すものではないため、確実で即効性のある効果は期待できません。

腸内環境を整えたい、便秘をしっかり治したいと思うのなら、サプリメントではなく薬がおすすめです。評判の良い整腸剤を飲んで、体内から腸内バランスを整えていきましょう。