• 総合評価 ★ ★ ★ ★ ☆
    価格 1,580円(160粒)
    配合されている菌の数 2種類
    飲みやすさ 8mmの小粒
  • 総合評価 ★ ★ ★ ★ ★
    価格 1,598円(160粒)~
    配合されている菌の数 4種類
    飲みやすさ ヨーグルト風味の小粒
  • 総合評価 ★ ★ ★ ☆ ☆
    価格 1,650円(108錠)
    配合されている菌の数 2種類
    飲みやすさ ストロベリー風味
HOME » お腹の調子を整えるために知っておきたいこと » 気になる腸内細菌のあれこれ

気になる腸内細菌のあれこれ

このページでは腸内細菌である善玉菌や悪玉菌の基礎知識、おすすめしたい乳酸菌の種類などを紹介。よりより腸内環境にするための、気になるあれこれを解消しましょう!

善玉菌・悪玉菌・乳酸菌の種類について

腸内細菌は、文字通り腸内で存在して定着している細菌のことを指しています。

人間の糞便の約3分の1は、この腸内細菌の重さだと言われていて、糞便1kgあたりに10億個~1,000億個もの腸内細菌があり、100種類以上だと言われていますから、その数の多さに驚いてしまうほどです。

これだけの腸内細菌を持っている人間は、いわば腸内細菌の宿主と言えます。

私達人間と腸内細菌はお互いに何らかの形で良い影響をもらっていて、宿主の体が健康なら腸内細菌も正常に働き、体が不健康になると腸内細菌も異常をきたしてしまい、病気を引き起こしてしまうのです。

善玉菌と悪玉菌と日和見菌

腸内細菌を大きく分けると大抵「善玉菌」と「悪玉菌」に分けられます。

善玉菌は腸内環境の味方をしてくれる有用菌であり、悪玉菌は腸内環境を乱す原因となる有害菌となります。

また、第3の菌である「日和見菌」というものも存在しています。日和見という名の通り、善玉菌と悪玉菌、どちらか優勢な方と同じような働きをするという厄介な性質を持っているのが特徴で、その数、腸内細菌の約7割と大半を占めているのです。そのため、善玉菌を増やして日和見菌を味方につけることが重要になってきます。
日和見菌の中には肥満を防止してくれる菌も存在するので、ぜひとも味方につけたいところです。

例えば食事のバランスが悪かったりストレスを多く受けていたり、病気や老化といった要因が加わると、腸内では悪玉菌が増えてしまい、下痢や便秘、腸炎といった病気に繋がってしまいます。日和見菌はこうした状況だと一緒になって腸内で悪さをして、膀胱炎や便秘などの温床になったりするのです。

反対に善玉菌が多く存在している場合、ストレスや食事バランスが崩れるといった原因が加わっても、乳酸菌群が作っている「有機酸」などの力によって有害な悪玉菌が増えるのは阻止されます。

健康な腸内を守るためには善玉菌の定着が必須であり、実際に健康体の人には、「エンテロコッカス」などの乳酸菌群がたくさん存在していることが明らかになっています。

腸内細菌の主な性質

◆善玉菌:ビフィズス菌、乳酸菌など
効果:整腸作用、免疫力の向上、コレステロール値の低下など

悪玉菌:ウェルシュ菌、ブドウ球菌など
効果:腸内汚染、免疫力の低下、肌荒れ、便秘など

日和見菌:バクテロイデス、ユウバクテリウムなど
効果:優勢な方と同じような働きを行なう

積極的に摂りたい、注目の菌

腸内環境を整えてくれる善玉菌の中で、体に良い働きをしてくれると注目されているのが乳酸菌です。
ただし、腸内環境を改善するためには乳酸菌だけではあまり効果が得られません。

そこで、乳酸菌の他にも特に知っておいて欲しい注目度の高い菌として納豆菌、そしてもうひとつの代表格であるビフィズス菌があげられます。
この2つの細菌をぜひ覚えて、薬やサプリメント選びでは生かしてみてください。

納豆菌

納豆菌は枯草菌の一種で、稲の藁に多く生息する菌です。
一般的に納豆の製造に利用されるものですが、整腸作用があることが確認されています。
条件が良いと納豆菌は30分で倍に増えていく驚異的な繁殖力を持っていたり、熱や乾燥にも強いといった特徴をあります。
腸内細菌ではないので大腸菌や乳酸菌のようにお腹に留まらないため、外部から定期的に摂取することが大切です。

ビフィズス菌

糖を食べて乳酸やプロピオン酸、酪酸などの短鎖脂肪酸を作り出す微生物のことをビフィズス菌と呼びます。
腸内に増えると便通が良くなるため、整腸作用があるとして親しまれています。