• 総合評価 ★ ★ ★ ★ ☆
    価格 1,580円(160粒)
    配合されている菌の数 2種類
    飲みやすさ 8mmの小粒
  • 総合評価 ★ ★ ★ ★ ★
    価格 1,598円(160粒)~
    配合されている菌の数 4種類
    飲みやすさ ヨーグルト風味の小粒
  • 総合評価 ★ ★ ★ ☆ ☆
    価格 1,650円(108錠)
    配合されている菌の数 2種類
    飲みやすさ ストロベリー風味
HOME » 腸内環境の改善がもたらすうれしい効果 » 肌トラブル解消

肌トラブル解消

腸と肌の深い関係をわかりやすく解説します。美肌につながる効果的な成分もご紹介。腸内環境の改善がもたらす効果を肌で感じましょう。

腸内環境が原因で起こるおもな肌トラブル

肌トラブルは女性にとって特に避けたい問題ですよね。原因は紫外線や空気の乾燥など様々ですが、腸内環境も大きく関係しています。

まず知っておいてほしいのは、腸内の毒素は肌にもダメージを与えるということです。腸内細菌のひとつである悪玉菌は毒素を発生させるので、肌トラブルを引き起こす原因といえます。

便秘
腸が関係する肌トラブルと聞いて、多くの人は便秘を思い浮かべるでしょう。

便秘は乱れた腸内環境により、腸そのものの運動が弱まってしまうことで引き起こされます。

腸内にとどまった便は悪玉菌の恰好のエサとなり、悪玉菌の増加を促します。

こうして大量に発生した毒素が腸から血中に入り込むことで全身に広がり、汗や皮脂などと一緒に排出されることで、肌にダメージを与えてしまうのです。

活性酸素
活性酸素は有害物質や病原菌を除去する免疫物質です。その反面、数が増えすぎてしまうと、体内の細胞にダメージを与えてしまうほどに性質は強力。

人体の細胞を酸化させてしまう働きを持つ、いわば金属におけるサビのようなものです。

紫外線を浴びることでも発生すると言われ、スキンケアをする際には無視できない存在だと言えるでしょう。
乱れた腸内で悪玉菌が増えると、多大に発生する有害物質を除去しようと活性酸素も数を増やしていきます。

こうした細胞の酸化は衰えにつながり、過剰な活性酸素の発生はシミや肌の老化などを招いてしまいます

腸内環境がもたらすおもな肌トラブルの影響を紹介しましたが、両方に共通して言えるのは悪玉菌の増加が温床になっているということです。

腸内環境を改善して、悪玉菌の数を少なくして毒素の発生を減らしていくことが、肌トラブル解消への近道だと言えるでしょう。

抗酸化作用のある食品で活性酸素を抑える

活性酸素に対抗してくれる抗酸化作用を利用しましょう。

抗酸化作用を持つ食品を摂ることで活性酸素の働きを抑えてくれます。
もちろん偏った摂取は腸内環境を乱す要因になるので、バランスよく摂取するのがポイントです。

抗酸化作用を持つ栄養素が多く含まれる食品

◆ポリフェノール
植物のほとんどに含まれている成分の総称です。

色々な種類に分けられますが、多くの抗酸化作用を持ち合わせていることで知られています。
リンゴ、チョコレート、赤ワイン、ココアなど

◆ビタミンC
活性酸素から細胞を守ってくれる働きがあります。

体内でコラーゲンを生成する際にも必要な栄養素なので、美肌には欠かせません。
ピーマン、ブロッコリー、イチゴ、焼きのりなど

◆ビタミンE
非常に酸化しやすい性質を持つため、積極的に活性酸素と結びつき、細胞を保護してくれます。

血液をサラサラにする働きもあるので、お肌の新陳代謝にも効果が期待できます。
カボチャ、アーモンド、とうがらし、大豆、卵黄など

いそがしい人は、有効な成分が配合されたサプリ、飲み薬などと活用しましょう。