• 総合評価 ★ ★ ★ ★ ☆
    価格 1,580円(160粒)
    配合されている菌の数 2種類
    飲みやすさ 8mmの小粒
  • 総合評価 ★ ★ ★ ★ ★
    価格 1,598円(160粒)~
    配合されている菌の数 4種類
    飲みやすさ ヨーグルト風味の小粒
  • 総合評価 ★ ★ ★ ☆ ☆
    価格 1,650円(108錠)
    配合されている菌の数 2種類
    飲みやすさ ストロベリー風味
HOME » 腸内環境の改善がもたらすうれしい効果 » 自律神経の乱れを防ぐ

自律神経の乱れを防ぐ

腸がストレスを受けることによって起こる様々な影響を紹介します。また、ストレスは自律神経の作用にも大きく関係しています

腸とストレスと自律神経

腸とストレスの関係は広く知られていますが、自律神経にも影響を及ぼします。そこで、まずは自律神経について知っていきましょう。

自律神経の役割とは

自律神経は、呼吸・血液循環・体温調節など、体内の各器官を動かして生命活動を維持する役割を持っています。

意識的に手足などの体を動かす体性神経と違い、自律神経は無意識に作用しているのが特徴です。
腸もこの自律神経によって消化や吸収を行なっているので、自律神経が乱れてしまうと腸の働きも鈍ってしまいます

日頃から続いている体調不良や体の異変は、自律神経が乱れている可能性があるので注意することが大切です。

自律神経の乱れで起こる症状
◆頭痛
◆慢性的な疲れ
◆肩こり
◆疲れ目
◆冷え性

交感神経と副交感神経

各器官をコントロールする自律神経は大きく2種類に分けられ、状況によって交互に作用します。

  • 交感神経
    仕事やスポーツなどをしている時に活発に働きます。集中している時や覚醒している時に作用するので、昼の神経とも呼ばれています。交感神経が働いている時は発汗や血圧上昇が促される一方で、腸の運動や消化液の分泌などを減少させてしまいます。
  • 副交感神経
    就寝時や食事をしている時にはこの神経が働いています。いわゆるリラックス時に働くので、夜の神経と言われています。副交感神経は血圧や心拍数をゆるやかに低下させます。また、消化酵素を多く含んだ唾液の分泌腸の消化・吸収を促してくれます。

この2つがバランスよく作用するのが理想的と言われており、どちらかに偏ってしまうことで乱れにつながってしまいます。

自律神経の乱れと腸内環境

腸内環境の悪化と自律神経の乱れはまさに表裏一体です。

自律神経はストレスや極端な温度差、就寝前に光を浴びるなど、日常にありふれている要因で乱れてしまいます。

エアコンやパソコンなどの普及もあり、現代人はより自律神経を乱しやすい環境にあるのです。
また、リラックスできずにストレスをため込んでいると副交感神経の働きが鈍ってしまい、自律神経の乱れにつながります。

さらにストレスは自律神経を最も乱しやすい要因のひとつとされるだけでなく、腸内の悪玉菌を増加させる原因にもなります。
しかし、これは過度なストレスが自律神経と腸内環境の乱れにつながると同時に、心の持ちようひとつで両者の改善が見込めるということも意味しているのです。